おやこ保育園 ~“生きること”を親子で楽しみ、育ち合う保育園~

(おやこ保育園は、2020年10月よりオンラインクラスとなりました)

秋からのクラスは満員になりました!
次回 2023年 春クラス、先行予約受付中!

オンラインおやこ保育園

お申し込み・問い合わせ:
タイトルに「オンラインおやこ保育園 問い合わせ」と
本文に「お名前 / お住まいの地域 / お問い合わせ内容」
を明記の上、下記アドレスまでメールをお送りください。

online.oyakohoikuen@gmail.com



理念

“生きること”を親子で楽しみ、
育ち合う保育園

img_hoikuen

おやこ保育園で育つ力

親子同士での「対話・探求」を通して、生きることを楽しむ力を身につけていきます。

img_hoikuen2

生きることを楽しむ力とは?

対話・探求 ×

=コミュニケーション:言語や非言語を通じて、他者と信頼を築く力
モノ=クリエイティブ:概念にとらわれない発想力
自然=感性:五感を磨き、自然から学ぶ力
自分=自己肯定感:自分らしさに自信を持ち、やりたいことを探求する力

オンラインおやこ保育園の特徴

オンラインおやこ保育園の特徴

◯ネット環境があれば、全国どこからでも参加可能!

◯園舎は家の中!移動の負担なく、
   リラックスした環境で過ごせる!

◯主催も参加者もこどもも大人も、誰もがフェア!
 本音が言い合える関係性! (親子それぞれのペース・
 気分・性格等を尊重しあいながら進めていきます)

◯2部構成で子どもの力と大人の力がそれぞれ育つ!

◯今日からすぐに、家で実践できる子育てスキルが学べる!(遊びや声かけ、しつけの仕方等)

◯全国各地に仲良しなママ友ができる!一人で来ても楽しめる仕掛け満載!

講座の概要

回数:全10回
時間:基本的に10:00〜11:30(ランチ会は11:00〜12:30)
   ※変動する場合あり

<1日の流れ>

1日の流れ

・登園(zoomへの接続)
・はじまりの時間(あいさつ・出席確認 / 世界を広げる時間 等)
・こどもが主役の時間 (テーマにちなんだ素材で遊ぶ / 解説)
・大人が主役の時間 〜 プチ ペアレンツダイアログ 〜
 (今日のテーマでおしゃべり)
・終わりの時間( ひとこと感想 / あいさつ 等 )

<入園条件>

◯ 0〜6歳(未就学児)の子どもとその親
◯ 理念や考え方に共感頂ける方
◯ 遅刻や欠席の連絡がきちんとできる方

※ものを販売する等の勧誘行為は固くお断り致します

<よくある質問>

Q①参加できない日があった場合は、どのようになりますか?

A. アーカイブ動画を見ていただくことになります。途中参加・途中退出の場合も同様となります。
※全日程を通して、コミュニティ育成にも繋がりますので、できる限り欠席はせずに出席していただくことをおすすめしています。

Q②こどもがしっかり参加できるか不安ですが、申し込みはできますか?

A. 常に画面の前にいる必要はありません!参加バリエーションは様々です。
途中で画面オフにして聞くだけでの参加や、こどもがお昼寝中 / 家族とお出かけ中の場合など、親のみでの参加も大歓迎。
単身参加時には、メンバーとゆったりおしゃべりができたり、他のこどもの様子を観察できるメリットも!

Q③夫婦で参加することは可能ですか?

A. 基本的にはお申し込みいただいた親子が対象ですが、一緒に住んでいる家族(パートナー・きょうだい児・祖父母等)の参加も可能です。参加する際には、事前にメールでお知らせください。

参加費用について

参加費は無料ですが、このプログラムが続くための仕組みとして、恩送り式の寄付制度を2コース設けています。

寄付会員コース

月額1,000円

年2回の親子企画に参加

ラボ会員コース

月額3,000円

自分のペースで、多様なバリエーションの学びや気づき、 繋がりを得ることができます。
詳細はこちら→

「おやこ保育園をたくさんの人に体験してほしい」という想いが芽生えて下さった方や、
やさしさが循環する社会づくりをサポートしたい!と思って下さった方は、
次の参加者へ続くバトンとして、恩送りをして頂けますと大変有り難いです。

担任・副担任

小竹めぐみ 小笠原 舞 川原さえこ 栗野紗也華
担任 
小竹めぐみ
(めぐちゃん)
担任 
小笠原 舞
(まいちゃん)
副担任
川原さえこ
(さえちゃん)
副担任
栗野紗也華
(くりちゃん)

 

お申し込み

お申し込み手順

online.oyakohoikuen@gmail.com へメール
タイトルに「オンラインおやこ保育園」と必ず入れていただくようお願いいたします。

②ご予約の確定 / 事前資料の送付


メディア掲載情報

2020年8月21日
「神戸在住の保育士起業家ら、「おやこ保育園」オンライン無償化へ」
https://kobe.keizai.biz/headline/3413/

2015年10月20日
Conobieさんに取材していただき、おやこ保育園の内容をまとめていただきました。
「自分なりの子育てをつくる場所」子どもとお母さんの両方が主役のおやこ保育園、その魅力とは?
https://conobie.jp/article/3711

pagetop